あなたの髪の洗い方は育毛を阻害していませんか? - 育毛剤 | 発毛を真剣に考える人の育毛ガイド

あなたの髪の洗い方は育毛を阻害していませんか?

いくら効く育毛剤を使っても毛穴に皮脂やシャンプー等のカスが詰まっていては育毛剤が毛根に届かない為に効果を発揮できません。
sha1.jpg
「育毛」の第一歩はシャンプーからです。
頭皮を育毛できる最高の環境に持っていく事で
育毛剤も効果を最大限に発揮させる事ができます。


シャンプー選びの注意点については以前にご紹介
していますのでここでは割愛するとして、
(気になる人はシャンプー選びの注意点をご覧下さい。)
今回は育毛を促進する(脱毛を予防する?)正しい髪の洗い方についてご紹介します。是非ともご参考になさってください。


① ブラッシング
髪を洗う前は必ずブラッシングをします。これは髪についている汚れ等の除去をすると共に、頭皮に付いていた皮脂や老廃物や傷んだ角質層を浮きたたせる為、シャンプーの効果が飛躍的にアップします。

髪の毛が比較的長い人は、ブラッシング前にブラッシング剤を使うとブラシ通りが滑らかになり、枝毛や切れ毛を防いでくれますのでおすすめです。またブラシについては静電気が起きないタイプのもの(ブタ毛やイノシシ毛等)を使うようにするのがいいでしょう。

② 予備洗い
ここで髪や頭皮を十分に濡らし、数回流します。ブラッシング後の予備洗いだけで汚れの大半は落ちます。なのでシャンプーも多量に使う事が無くなりますのでより髪や頭皮に優しいシャンプー方法だと言えます。

③ シャンプー
シャンプーを髪の量に合わせた分量を手に取りお湯で薄めて髪に付けていきます。その時は頭のてっぺんにドッとかけるのではなく生え際から少しずつつけていって下さい。

またブラッシングをしているのでここでは髪の毛は軽く洗うだけで十分です。ここでは頭皮の汚れを中心に落とす事がポイントとなります。頭皮は、つめを立てず擦ることなく指先のひらを使って優しく洗って下さい。

④ すすぎ
すすぎは十分すぎる程行って丁度良い位です。すすぎが十分でなくシャンプー剤が残ってしまうと頭皮に悪影響を及ぼします。シャワーで洗い流す場合は髪の根元から毛先に流れ落ちるように十分すすいで下さい。

⑤ リンス等
リンスやトリートメントはシャンプーで頭皮と髪を洗った後、髪のダメージを防いだり、髪の修復やうるおい等をもたらしてくれますが、リンス等はシャンプー以上にきっちりと洗い流さなければ頭皮に炎症や痒み等のダメージを与えてしまいます。十分以上のすすぎをしてもリンスの持っている効果は落ちません。

⑥ タオルドライ
髪の毛を乾かす時は、出来るだけタオルで水分を取ります。この時はこする事無く、髪をタオルではさんで叩くように水分を落としていきましょう!

⑦ ブロー
ブロー時は髪から最低でも20センチ以上はドライヤーを離し、近付けない様に注意します。また一箇所に集中して熱風が当たらない様にせずこまめに動かします。過剰なブローは地肌が乾燥しすぎてしまい頭皮や髪に様々なトラブルを起こします。8割程乾いた時点であとは自然乾燥させましょう。


育毛剤を使用する時は、この過程の後で使用されるのが頭皮に余分な皮脂や汚れが溜まっていないので効果的です。また髪の毛が多い人は育毛剤が頭皮にしっかりとついていない事がありますので、頭皮に育毛剤が当たる様に注意して使用してみて下さい。


【関連コラム】
衝撃!?20代の薄毛は頭蓋骨が原因?
頭皮ケアはこんなに大事!
血流の悪化は育毛を阻害する!
育毛と整髪料の功罪!
育毛を阻害するシャワーの温度とは!
育毛を阻害するインスタント食品の罪と罰!


【気になるランキングはコチラ!】
育毛剤ランキング / 育毛シャンプーランキング / 女性用育毛剤ランキング


スポンサーサイト

おススメ育毛剤(男女兼用)

今、最も話題があり、口コミの評判もいい人気の育毛剤がコレ!

mist.jpg

「M-1ミスト」
・100パーセント無添加の育毛剤。
・30日で実感できなければ「全額返金保証」。
・どんなタイプの頭皮にも対応!

⇒「M-1ミスト」詳細 poly.jpg

薬用ポリピュア
・特許成分での新しいアプローチ方法。
・たっぷり「自信」の45日返金保証。
・どんなタイプの頭皮にも対応!

⇒「薬用ポリピュア」詳細

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ikumougaido.blog.fc2.com/tb.php/102-3ae7aaa6